FC2ブログ

ありがとうございました。

ボルト君が旅立って5日。
その間LINEや電話、そして心のこもったコメントを本当にありがとうございました。
母の事も気遣って下さってとても嬉しかったです。
本来ならば個別にお礼申し上げるべきところですが、
優しいコメントの数々を読みかえすたび涙が出そうになりますので、
この場をお借りしてお礼の気持ちを伝えさせて頂きます。
本当にありがとうございました。


まだ毎日3匹のご飯を用意するたび、
そしてボルト君がいつも寝ていた椅子を見るたび、胸がキュッとなりますが、
気持ちはすいぶん落ち着きました。

パパさんの仕事の手伝いで資料を揃えなくてはいけなくて、
毎日バタバタしているのも良かったのかもしれません。
もちろん寂しい気持ちに変わりはないんですけどね・・・・(涙)


ボルト君が居なくなってモカさんやイグ姉さんに変化はないようですが、
きーちゃんはますますパパさんにベッタリ甘えるようになりました。
やっぱり寂しいのかな??


これはボルト君が亡くなって、棺を用意する間とりあえずトランポリンの上に寝かせていた時の写真。
きーちゃんがボルト君に寄り添ってしばらくそのまま寝ていました。
gplus475771751.jpg

何回も手でチョイチョイとボルト君を触っていましたが、
動かないボルト君に何かを感じ取ったのかもしれませんね・・・



ボルト君の病気はキャバリアが患いやすいと言われる「僧帽弁閉鎖不全症」でした。
去年の春までは心臓に雑音が少し入る程度で、まだまだ薬を飲む必要もないと言われていましたが、
5月の終わり頃に急に咳が増え、呼吸が荒くなったので慌てて病院に駆け込みました。

検査の結果、たった半年の間に(前回の検診から)心音のレベルが2→5になっており、
先生から「いつ何があるか分からないから覚悟しておいて下さい」と告げられました。
ボルト君は急変しやすい子らしく、こう言うタイプの子は怖いんだと仰っていました。

それから投薬治療が始まりましたが、なかなか状態は安定せず何度か薬を変える事に・・・・
散歩もシャンプーも身体に負担がかかるため中止。
「興奮させないで下さい」と言われていたので、ちょこちょこボルト君に意地悪をしていたイグ姉さんは、
温室に閉じ込められる日々を送ることになりました。


そんな中、ボルト君が急変したのは夏の終わりの夜の事でした
呼吸数が一気に50回を超え(平常時は25回くらい)、ご飯も食べませんでした。
苦しくて伏せる体勢になれず、横になってゼイゼイ呼吸するばかり・・・・肺水腫を起こしている状態です。
遠くの夜間診療の病院に行くことも考えましたが、ボルト君の身体の負担を考え、
万が一に備え用意していた高濃度酸素発生器で酸素を送り、病院が開くのを待ちました。


その時の1枚。
モカさんときーちゃんは、心配そうにボルト君を見守っていました。
DSC05511.jpg

DSC05513.jpg

翌朝、病院に駆け込みそのまま緊急入院。
とても厳しい状態で、その日の夕方には「今晩一晩持たないかもしれません」と病院から連絡が入りました。
それなら最後は家族で一緒に過ごそうと決め、息子と2人で病院にボルト君を迎えに行きましたが、
そこで目にしたのは、奇跡的に復活し元気を取り戻したボルト君の姿でした。
先生もビックリの復活ぶり!
それ以降は薬も効き、安定した状態で今まで過ごすことができていました。
病院に併設されている美容院でトリミングもできるくらい元気でした。


そんなボルト君がふたたび急変したのは3月30日の夕方でした。
その数日前からなんとなくキツそうな感じはあったのですが、
相変わらず食欲は旺盛で、遊びに来た友人にもいつものように愛想よく挨拶もしていまいた。

30日も朝とお昼はいつものようにご飯を平らげ、オヤツも2時頃にしっかり食べていました。
それが前回のブログの写真です。

その後は仕事があったので、ずっと仕事部屋に居たのですが、ご飯の時間になりリビングに戻って来ると、
いつもは椅子に寝ているボルト君が、座った状態でハアハア荒い呼吸を繰り返していました。
ご飯をあげても少し食べただけ・・・
よく見るとなんだかお腹が腫れているように見え、呼吸も早かったのですぐに病院に向かいました。

そしてふたたびの緊急入院。
また肺水腫をおこし、腹水も溜まっていました。
でもきっとまた元気になってくれるはず・・・・そう信じて家に帰りました。

病院から電話があったのは夜の11時頃でした。
「状態がとても悪く一晩持たないかもしれません。今から会いに来ますか?」と・・・
パパさんが出張で留守だったので、母ひとりで病院に向かいました。

酸素室の中のボルト君は口を大きく開けたまま激しく呼吸をし、苦しさのあまり横になる事も出来ず、
座った体勢で前足に力が入り身体がどんどん後ろにズリ下がってしまう状態でした。
体力が続かず横になるとすぐに咳き込み、慌てて身体を起こす事の繰り返し・・・・
酸素室のドアを開けると、弱々しくシッポを振りながら近寄ってきました。
少し外に出してもらい抱き上げてみましたが、5分もしないうちに口の中の色が紫になり、
すぐに酸素室に戻すことになりました。

状態次第では家に連れて帰ろうと思っていましたが、
この様子では家に帰りつく前に呼吸が止まってしまうと思い、そう言い出す事も出来ませんでした。
ただひたすら酸素室の前で泣きながら「ボーちゃん頑張って!」と声をかけ続けました。

1時間ほど経った頃、なんとなく呼吸が少し楽になり横になれる時間も増えて来たように見えました。
先生も「少し落ち着いてきたように見えるね。」と仰ったので、お任せして家に帰る事にしました。
また以前の時のように元気になる!
そう願いながら夜が明けるのを待ちました。


翌朝、6時になっても7時になっても病院から電話はありません。
なんとか乗り切ったかも?そう出張先のパパさんにLINEをした直後、スマホに着信があり、
ボルト君ダメやったよ・・」と先生の絞り出すような声が聞こえて来ました。

大急ぎで病院に向かうと、もう動かなくなったボルト君が横たわっていました。
先生のお話では6時半に様子を見た時はまだ頑張っていたそうですが、
7時過ぎに見た時はもう息を引き取った後だったそうです。
ボルト君、キツかったね・・・ホントによく頑張ったね・・・・
触るとまだ温かいボルト君の身体をさすりながら、涙が止まりませんでした。


夜中の2時半頃にオシッコが出て、少し状態が持ち直したようだったのに・・・と、
先生は悲しそうに話されました。
目が赤く、夜中も何回もボルト君の様子を見てくれていた事がよく分かりました。

でもボルト君は1人きりで逝ってしまいました。
最後にそばに居てあげる事が出来ませんでした。
それが可哀相で悲しくて・・・・
そう考えるとまた涙が出てきてしまいます。


お家に帰ったボルト君は沢山のお花とオヤツに囲まれ、
娘と友人母娘、モカさんときーちゃんと一緒に夕方まで過ごしました。
DSC07174.jpg


DSC07176.jpg

今は小さい骨壺に収まってしまったボルト君。
49日が過ぎたら、庭の皆からよく見える場所に埋葬しようと思っています。


息子の反抗期が突然始まり、寂しくなった母の膝を温めに我が家にやって来てくれたボルト君は、
9歳と7ヵ月の生涯を閉じました。
もっともっと長生きして欲しかったよ・・・・


小心者で食いしん坊で、そして穏やかで優しいボルト君は、
人懐っこくて誰からも好かれる子でした。
そんなボルト君に今までどれだけ癒されたことか。



ボルト君。
今までホントにありがとう。
一緒に過ごせて楽しかったよ。
そのうち皆そっちに行くからさ、その時はちゃんと迎えに来てね。
それまでもう少し待っててね。


兄ちゃんいつまでも大好き♡

異種・多種飼いランキング

いつかワタクシもそっちに行くから待ってなさい!!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

COMMENT 12

もん母  2018, 04. 05 [Thu] 23:57

きーちゃんがボルト君に寄り添って寝てる写真は・・・たまりません><
泣けてくる

ボルト君、随分頑張ったんだ
せめて眠るように逝けたら良かったんだけど・・・
でも今はもう苦しみから解放されて、お空の上で小松菜食べながらみんなのこと見てるよね、きっと(^_^)
みんなが行く場所に、ちょっとだけ早く行ったボルト君
いずれイリも行くから、その時はお迎えしてね♡

Edit | Reply | 

-  2018, 04. 06 [Fri] 09:27

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2018, 04. 06 [Fri] 11:41

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

クックのママ  2018, 04. 06 [Fri] 18:26

ボルト君 のご冥福をお祈りいたします・

悲しい別れですが・心の中に永遠に生き続けますね・



Edit | Reply | 

-  2018, 04. 06 [Fri] 19:50

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2018, 04. 06 [Fri] 22:06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2018, 04. 06 [Fri] 23:26

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2018, 04. 07 [Sat] 01:35

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2018, 04. 08 [Sun] 19:53

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ペルママ軍曹  2018, 04. 08 [Sun] 21:17

サイズアップすればー?て思ったデショ!( *゚∀゚)
ちろっと自分でも思ったしー(笑)
でもそれやっちゃうとね(^▽^;)
今度こそ・・頑張る(+・`ω・´)キリッ

うん、ひとまず食べるようになって
ホッとしたの・・(*´-∀-)ホッ-3

Edit | Reply | 

ももいろアイスバーグ  2018, 04. 14 [Sat] 19:59

とろさうるすさん。。。。

ボルト君がこんな事になっていたなんて。。。。
まだまだずっと元気だと勝手に思っていたけど病気を抱えていたんですね。
どんな言葉をかけていいかわかりませんが。。。(;_;)

それでもかわらずブログ続けておられて。ありがとう。読めて嬉しいです。

Edit | Reply | 

お気楽とまと  2018, 04. 15 [Sun] 23:46

ボルト君、とても残念です。
とろさうるすさんお寂しいでしょうけど、他の子たちも敏感に感じ取って
より一層慰めてくれるのではないでしょうか?
少し心も体も休めて、また元気になられたら復帰して下さい。

ボルト君のご冥福をお祈りします。

Edit | Reply |